税理士は税務の専門家!通信教育で科目試験合格を目指そう

税務のプロになりたい!通信講座で税理士を目指そう

税理士とは、税務に関するプロです。
業務内容が幅広く、所得税、消費税、相続税、法人税の申告、届け出、申請、税務調査の立ち合い、税務署への不服申し立てを代理で行う「税務代理」。
確定申告、青色申告の承認申請の書類を作成する「税務書類の作成」。
会計帳簿の記帳代行と財務に関する業務を行う「会計業務」。
税金の不明な点や困ったときの「財務相談」。
税務訴訟で裁判所に出頭し陳述、「補佐人」としての業務。
都道府県や市区町村の税金の流れをチェックし、社会公共の利益を守る、地方公共団体の外部監査制度の「監査人」としての業務があります。
ほかにも、資金運用、経営戦略など税務面のアドバイスやサポートなどを行っています。
税理士のビジネスフィールドは現在も拡大しています。
一般企業への就職では、財務、経理の管理部門で企業の資金の流れを把握していることから専門家として経営に関してのアドバイスを行うこともあり、企業の中でも重要な存在になります。
会計事務所では、地域に密着して中小企業へのサポート、コンサルティング業務を行います。
複数の税理士で大規模なプロジェクトなどを担う税理士法人は、国際税務業務、資産税コンサルティング業務といったより専門性の高い分野で活躍します。
弁護士や公認会計士と並んだ難しい国家資格になります。
税理士の資格を取得するために、実務は2年間、選択制になっている科目試験をクリアするのにさらに数年かかると言われています。
試験は平日の3日間連続で行われ、該当する試験に臨みます。
科目試験は全11科目。
必須2科目となっている会計科目の簿記論と財務諸表論。
税法科目の9科目から選択し、合計5科目の試験に合格しなければなりません。
5科目を一度に合格できた人は少数なのだそうです。
合格率を見ると10パーセント台がほとんどで狭き門であることがわかります。
今回は税理士になるための勉強法についてご紹介いたします。

需要高まる税理士!得意科目で合格がポイント

多彩な業務内容で注目される税理士ですが、試験の難易度は弁護士と並ぶ難しさです。 試験は3日間連続で行われ、11科目中一度に5科目合格できる人はほんのわずかという合格率です。 まとまった勉強時間確保で合格を目指すのか、5年かけて一科目ずつの試験合格を目指すかで通学、通信教育の選択が変わると思います。

通信講座ならではの工夫とは?

通信教育の特長として、いつでもどこでも繰り返し学習ができる、すきま時間を最大限に生かせることが挙げられます。 通学スタイルの勉強法と違うのは、聞き逃しをすぐに戻って聞き直しができることです。 通信講座では、ベストな科目の組み合わせや得点を得るための内容に絞ったカリキュラムを用意しています。

通信講座はいつでもどこでも端末さえあれば勉強できる!

税理士の資格は取得までに時間がかかるものとして認識されています。 だからといって工夫できないわけではありません。 科目試験の選択ができるのを利用して、仕事をしながら合格を目指す人は平均総学習時間が少ない科目を選ぶことや関連性の高い科目を同時に学習するなど、やれることを確実に押さえていきましょう。